<< キッチンで ひとりごと vol.4 | main | 気になるもの >>
ほっとできる場所

Kica/ソーイングコーナー

はじめまして こんにちは。
月に数回、Kica cafeスタッフとしてお世話になっているRieです。

本日は、私とKicaの なれそめを書かせてください。

私は大学卒業後、某大手のファーストフードチェーンに就職しました
(ほら、誰でも知ってる、どこにでもあるハンバーガーの…)。
そこは、毎日まいにち一日30時間あっても足りないくらい忙しい、
いわば戦場みたいなところ。

3年半働きましたが
「これ以上働いたら私、死ぬかも…」と思ったことも何度か。
寝不足でクルマをぶつけたこと(私は幸い無傷でしたが)が
退職を決意する引き金になりました。
そして転職。
でも 不思議なものですね。
新しい職場は比較的お休みが多く、
今度は自由な時間をどう使えばいいのかわからなくなりました。
働いていない時間が不安で不安でたまらなくなるのです。
大好きな人が忙しく働いていることに腹立たしくなり、
結局すれ違い、お別れしました。

「私には何もなくなった…」
いつしか私は、仕事をしていないときは
眠ってばかりの生活を送っていました。

そんな時です。Kicaを紹介していただいたのは。
一時期、職場が同じだったKicaスタッフのeicoさんに
「何か新しいことをしてみたい」と話したことがきっかけでした。
ホントにこのままじゃダメだと思い始めていたところでした。

Kicaには、時間がゆっくり流れています。
速いことをサービスの一環としていた以前の職場とは全く違う、
正直最初は戸惑いました。

でも、皆さん とても温かい。
オーダーが重なってメニューをお出しするのが遅くなっても、
怒られたことは一度もありません
(もちろん、お待たせしないよう努力はしているのですが)。
以前なら即クレームになりました。
今では私は、このゆったり感が大好きですし、
私にはこっちの方が実は合っていたんだなと思います。

Kicaで働くようになってから、
一人でカフェに入ることが楽しくなりました。
そして知りました。
ボーッとしたり、時にはいろんなことに思いを巡らせたり、
そういう時間がどんなに大切だったかということを。

忙しさの中で疎遠になっていった友人たち。
でも本当に忙しさのせいだったのでしょうか?
私は「仕事が忙しい」と言えば、何でも許されると勘違いしていました。
メールや電話の一本ぐらい、その気があればできますもんね。
それに気づいたのはKicaに来るようになってからです。
そして大切な友人には今までの疎遠を詫びて、また会うようになりました。
新しく友人もできました。私の財産となりました。

Kicaは、タイトルどおり、私のほっとできる場所です。
だから、普段忙しく働いている人ほど、ここに来てほしいなと思うのです。
そして、明日からの活力を蓄えて帰っていただきたい。
今の私のように…。

kica/カフェ


posted by Rie










| Posted by rie | 好きな場所 | comments(0) | trackbacks(0) |













url: トラックバック機能は終了しました。



calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


Recent Entry
archives
category
recent comment
search this site.