損なこと? 得なこと?


皆さん こんにちは。
すっかり ご無沙汰してしまいました。
Rieです。覚えてくださっているでしょうか?

前回、大好きな甲子園(阪神タイガーズ)について書かせていただきましたが、
その甲子園の帰り道、必ずと言っていいほど繰り返される出来事があります。

それは…。


「おっ、姉ちゃん! 今日は阪神勝ったんかぁ?」

駅で、車中で、道すがら。
見ず知らずの方から投げかけられる幾多の声。


とりあえず「勝ちました〜」と返事をしますが、
これって、よくある光景なのか…。

私のバッグから黄色×黒のメガホンが2本、
入りきらずに飛び出していることが最たる理由なのでしょうが、
友人曰く「Rieと一緒に行くとき以外、聞かれたことない」のだそうです。

はて、なぜゆえ…?


そういえば、私は道を尋ねられることも多いようです。

勤務先が梅田だった頃、よく聞かれたのは梅田コマ劇場。
どんなに説明してもわかってもらえなかったおばあちゃんに弱り果て、
目的地まで連れていったこともありました。


先日、大阪ミナミで信号待ちをしていたときのこと。

あきらかに観光旅行中と思われるアジア系外国人女性4人が
なにやらヒソヒソ相談したかと思うと、
こちらに向かってまっしぐら。

「Where is the Namba station?」
! 
エッ、えっ!? 
ワタクシに聞くのでございますかぁ?

大通りの交差点には私以外に50人近くはいたはずなのに、なぜ?
つたない英語でなんとか切り抜けましたが、汗たらたら。

…はて、なぜゆえ…。

ある友人はこう言います。
「ボーッと歩いてるからじゃない? 隙だらけなんだよ。気をつけなよ」。
…確かにキャッチセールスに呼び止められる回数も尋常じゃない。
でも引っかかったことはないし。

「雰囲気がやわらかい感じがして、
声をかけたらちゃんと答えてくれそうだからだよ」。
と別の友人。
うん、うん。もしそうならば、とても嬉しい。


知らない人から頻繁に声を掛けられること。
これは果たして、損なのか、得なのか。

正直言うと、急いでいるときなどは
「別の人に聞いてくれたらいいのに〜」と思うこともあります。

でも。
感謝の言葉や、
すごくいい笑顔をもらえた時は
お役にたててよかったと
ちょっと幸せな気分になることも多いのです。

「袖すり合わすも多少の縁」という諺があります。
ほんとに些細なことだけど
私は他の人より出会いがちょっぴり多いのかな、
こんな風に考えれば、損か得か、答えは私の中に出ているように思います。

…というワケで、このブログを読んでKicaに来てくださる皆様。
いちばん小さなスタッフを見かけたら…
ぜひ一度 気軽に話しかけてみてくださいね!


| Posted by rie | life | comments(0) | trackbacks(0) |




また来年…


ご無沙汰してます、Rieです。

最近,久しぶりに涙したことがあります。
聞いてもらえますか?

私は滅多に人前で泣いたりしない人間です。
だから、「かわいく泣ける人」に憧れます。
どうやったらあんなに素直に涙が出るんだろう?
もしや私はすごく冷酷な人間なのかな。

もちろん私も、人並みに感動はするし、悲しむし、悔しがったりもするのですが、
どうも「ここで泣くのはキャラじゃない」と
涙を押しとどめてしまう、もう一人の自分がいるようで。

でも、冒頭の「久しぶりに涙させた」犯人は
もう一人の自分を出現させる隙さえ 私に与えませんでした。

その犯人は…


桜夙川1

夙川の桜。

先日の週末、その木々は今年いちばんの美しい姿を私たちに見せてくれました。
満開とはこういう状態を言うんだというお手本のような朝、
いつもより早めに家を出た私は、夙川の土手沿いを歩いていました。
すると自分でも本当にびっくりしたのですが、
知らず知らずのうちに涙が出ていました。泣いていました。

あまりにも美しく、あまりにも鮮やかで、あまりにも荘厳なその姿に。
桜に負けじと精一杯澄み渡っていた空に。
そして
そこにいた今の自分に。

風景を見て涙を流すこと、それは生まれて初めての経験でした。
今まで見た数々の美しい風景、
今回の桜はそれらとは比べものにならないほど心に響きました。

「寒い冬を乗り越えた桜ほど、きれいに咲く」と以前聞いたことがあります。
辛いことが多かった時ほど、それを乗り越えた春は温かい。

毎日は決して楽しいことばかりではないけれど、それもまた
やがて訪れる春のための今。


私の人生の満開がいつ訪れるの、それは全くわかりません。
でも、人並みに感動する心があったとわかっただけでホッとしました。
なんだかスッキリとした気持ちで、その日を楽しく過ごしました。

涙は心の浄化作用があるといいます。
だから我慢せず出した方がいいのかもしれません。
夙川の満開の桜に感謝した一日でした。

さて昨日、ふたたび苦楽園を訪れた私は
散りかけの桜を見て、少し悲しくなりました。

でも、また来年。
あの素晴らしい姿を見せてくれる準備に入ったんだと思うと
悲しみは勇気に変わりました。

願わくば来年は、大切な誰かと。
一緒に見る桜に涙したいと
誰もいない傍らを見て苦笑い。

今年以上の勇姿に期待して。

「また来年。会いに来るね」


桜夙川2







| Posted by rie | life | comments(0) | trackbacks(0) |




キッチンで ひとりごと vol.4

さて今日は なんのケーキを焼きましょう?
熟れ熟れバナナとラム酒でバナナラムケーキ?
それともマロンクリームをたっぷり使ってしっとり食感のバターケーキに?
う〜ん、う〜ん。
もう少し頭の中で構想を練るか…。

ローズケーキ
写真は「薔薇のキャラメルカトルカール」。
お持ち帰り用に雑貨スペースでも販売しています(260yen)。



〜はじめての失敗〜


こんな告白、今さらな感じであるが、私は本格的なパティシエではない。
製菓学校卒ではないし、どこかの店で修行したこともない。
子供の頃、母がいろんな教室で習っては 家でつくっていたお菓子や料理を
見よう見まねでつくりはじめたのがきっかけである。

中1の頃にはパンやケーキを一人でサクサクつくっていた。
はじめての失敗はその頃にさかのぼる。

オーブンといえば電気が主流の今,当時のわが家ではガス式のものを使っていた。
パウンドケーキを焼こうとして生地を準備し、予熱をするためオーブンへ。
点火スイッチをひねり、火がついたのを確認し、その場を離れた…はずだった。

生地を型へ流しこみ、オーブンの前にくると、なんだか妙にガス臭い。
オーブンを覗くと…あ、火が消えている。
早く予熱しなければタイミングが悪くなると焦りながら、
何気なく再度火をつけるべくオーブンの扉を開け、スイッチをひねった
(当時のガスオーブンは、点火の時は扉を開けないと着火できない仕組みでした)。

「カチャッ」(スイッチ音)
…間髪入れずに
「バーンッ!!!」(爆発音)

(火がつく音って、普通「ボッ」って音がするでしょ。
この時は、はじかれるような感覚と熱風が顔面を襲ったのよ〜っ!)

あまりの衝撃に固まってしまった私は、何が起こったのか考えられず、
オーブンの扉を左手に持ち、右手はスイッチを握りしめ、
目はギュッとつぶったまま動けなかった。

駆けつけた母が「大丈夫?」と声をかけてくれ やっと目が開けられた。
バックンバックンと心臓の音を全身で感じながら周りの状況を見ると…。
どうやら家までは燃やしていない。オーブンも無事な様子。
おそるおそる振り返って母と顔を合わせる。
「すごい音したね」と母。

放心状態でオーブンの側から離れると、上からパラパラ黒い粉が…。
天井を見上げるが、とくに何の変化もない。
しかし なんだか変な匂い…。
すると母が「あ〜あ〜」と言いながら
私を鏡の前に連れて行ってくれた。

「えっ!!」
左前から左耳のあたりの髪が 爆発しているではないか。
鏡の中の私は、よくコントで見かける「煙の中から出てきた人」そのもの。
とっさに右に顔をそむけ、避けたからである。
さわるとパラパラと髪が落ち、眉毛までもがコゲていた。

母は「びっくりしたわ〜。炎の玉が見えたよ。
これぐらいですんでよかった」とコゲた髪を払ってくれた。
めちゃくちゃ叱られると思ってた私は、
急に力が抜けて「こわかったよ〜」と泣きそうになりながら言った。
本当におそろしかった。

ときおり思い出す失敗談である。
今ではコゲた髪型が恥ずかしかったと笑って話せるが、
皆様くれぐれも火の元にはご注意を!

日々、大小いろんな失敗ありつつも笑いながら、Kicaのキッチンでケーキをつくろう!
さぁ、ふわふわのバナナシフォンを焼こう。

posted by eiko







| Posted by eico | life | comments(0) | trackbacks(0) |







calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>


Recent Entry
archives
category
recent comment
search this site.